会社概要

 

機密情報漏洩防止への取り組み

弊社は、企業機密情報、個人情報を問わず、機密保持の品質向上に向けて取り組んでおります。近年の機密情報の漏洩の状況を見ておりますと、企業の漏えいに対する防御の甘さと個々人の機密情報に対する認識の甘さとスキルの低さによるものと認識しております。
この様な状況から、弊社では機密情報の漏洩防止のために、以下の様な対策を取っております。

 

1)

 

社員の個々人が
機密情報漏洩防止にたいする認識とスキルをもつこと

  この対策として、弊社社員は全員にセキュリティ技術士(JAVADA認定)の資格を取得し、行動することを義務づけております。2012年7月末時点で、弊社社員は全員がこの資格を取得しております。社員全員が機密情報に対する意識の向上と機密情報漏洩防止のスキルを持って行動しております

2)

組織的にセキュリティ対策を取ること

  組織的対策として会社のセキュリティポリシーを設定し、社内のセキュリティ体制を整備するとともに、社員、及び、協力会社社員に対して、半年に1回の社員教育を実施しております。また、情報の取り扱いについては、厳しい社内規定によりお客様にご迷惑をお掛けしない管理を行っています。この組織的対応で、セキュリティ意識の向上を図り、機密情報の漏洩に努めております。

3)

技術的なセキュリティ対策を取ること

  弊社では、社外との通信においてはSSL通信はもとより、外部からのハッカー等の侵入に備えて著名セキュリティソフトによる防御を行っております。
また、お客様の重要情報に対しては、NWから機密情報の蓄積されたDBを切り離すことによって外部への情報漏洩を防いでおります。
機密情報に対するハッカーの技術は日進月歩で進歩していますが、これに対抗するため最新技術の活用によって、お客様の信頼を失わないよう努力してまいります。